2020年1月17日金曜日

愛知まちなみ建築賞

当事務所が設計させていただいた『たけなか外科内科こどもクリニック』が
第27回愛知まちなみ建築賞に選ばれました!
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/koen/machiken200117kisyahappyou.html

愛知の「まちなみ」及び「建築」をけん引していく作品として社会的貢献度が高いと評価されました。 
設計者だけではなく建築主(竹中拡晴先生)・施工者(東海インプル建設株式会社)と共に表彰されるので特にうれしいです。
これからもていねいに真摯に建築と向き合っていきたいと強く思います。 

― project story ―
クライアントは木の温もりを感じる建物を求めていた。
これは単に木造にして欲しいということではなく、機能や防火性能・耐震性を満たし、木を感じる空間が患者を癒す場になって欲しいという願いであった。
そこで我々はプランの自由度や法的要求、構造耐力・防火性能も満たす為に鉄骨造の準耐火建築とし、外装や内装、一部には構造材の補助として木材を多用する計画とした。
そして内部での活動や素材感が街へ溢れる様に大庇を設置した上でガラス開口で内外を繋ぎ、「温もりのある透明性」を持った開放的なクリニックを実現しようとした。
―繋がりのある構え―
治療を支える病院は、機能性と効率性を高めるために、病院内部は人工的な材料に覆われ、自然の色彩や素材感に乏しい空間となりがちで、人間としての日常感覚から遠ざかりつつある。
病院という建物こそ患者さんがストレスを感じず、安心感に包まれながら前向きな気持ちで過ごせるような、より快適な環境づくりへの配慮が求められていると考えている。
本計画では木の素材をふんだんに使い、透明性をもったL字の吹抜空間が街や社会と繋がる仕掛けとなり、大庇が人々を受け入れ、内部空間での営みが木の温かみを通して表出することを考えた。
木の大きな庇は、患者を迎え入れ、外にいても守られている縁側のような空間をつくり、街との繋がりを表明している。
屋内においては接道側に沿ってL字の吹抜を計画することで、1階の待合室と2階のリハビリ室やカンファレンスホールとの繋がりをつくり、吹抜沿いに設けたL字の小屋根が半屋外的な雰囲気を持ち込むことで街との関係性を更に強めている。
大きな庇とL字の吹抜はクリニックと街の境界にグラデーションを生み、建物の機能と社会を結ぶ精神的な中間領域にもなっている。また、木材を多用することで温かみのある雰囲気をつくり、2階のL字の吹抜を大胆なトラスとすることで、構造としての建築を現し、また人々を惹きつける仕掛けにもなっている。隣に建つ調剤薬局も木の外観として、「風景」に馴染んでいく事を考えた。
温かみのある透明性を持ったこの建築が空間を繋ぐだけでなく、社会との接点となり地域と繋がり続ける構えであって欲しいと願っている。


表彰式&作品発表は、愛知芸術文化センターで2020年1月30日(木曜日)午後2時30分からとなります。 作品受賞者を代表してショートプレゼンをさせて頂きます。

一般の方も参加できますので、お時間の許す方はぜひお越しくださいませ。


2020年1月10日金曜日

チューリッヒ編

 2019.10/21チューリッヒに到着

坂茂 設計による木造オフィスビル
「タメディア新本社(Tamedia-Medienhaus)」



サンティアゴ・カラトラヴァ設計のチューリヒ大学法学部図書館
外観からは全く想像ができないこの空間。求心的な光を拠り所に一体感を感じながらとても勉強に集中できる場になっていてどこか特別感も感じる!とても刺激的。




こちらもカラトラヴァ設計のチューリッヒ・シュタデルホーフェン駅(Bahnhof Zürich Stadelhofen)


コルビジュエパビリオン。屋上庭園が特に気持ち良かったです。










2020年1月9日木曜日

みわた小児科 


少しずつですが外観の三層の屋根と水平のスリット(横方向の開口)の形状が現てきました。

待合室は屋根形状を活かした吹抜けで2階とも繋がっています。

中山町の家 上棟



今日は中山町の家(SLIT HOUSE)の上棟式でした。設計打合せによく参加していた小学生の息子さんが間取りも屋根のSLIT(トップライト)の事もよく理解していてとても楽しみにしてくれてます。身の引き締まる思いで、施工の稲吉建設さんと力を合わせて頑張っていきます!


2020年1月3日金曜日

バルセロナ編②(ガウディ編)


先ずはカサ・ミラへ。自然界をモチーフにした有機的建築。合理性の為に現代建築が置き忘れていった芸術としての想いの凄さを感じます。

屋上からの景色は別世界。

芸術性だけではなく構造力学に基づいた合理的な考えで作られていて意外にも⁈ハイテクな一面も。
スイーツアベニューホテル(伊東豊雄)
カサ・ミラを意識して現代風に解釈して改修されています。

いよいよサグラダファミリアへ。感動と共に急ピッチで作ららている一部のファサード部分には正直違和感しか感じなかった...
生き物の様な建築と鮮やかな光の空間。
ガウディでは珍しいタイルを多用したカサ・ビセンス

頑張って歩いてグエル公園からバルセロナの街並みを一望です。左手にアグバル・タワー(ジャン・ヌーベル) 右手にサグラダファミリアが見えて対照的な景色です。
 
夕方にグエル邸に滑り込み。圧倒的な造作の作り込みが凄い!そして単純にカッコいい。

  
バルセロナ最後の夜は人気のタパス屋 ボデガビアリッツで乾杯! この日は15Km歩きました。
次の日はスタッフ渡邉くんは帰国で、僕はスイスへ。(続く)







2019年12月24日火曜日

中山町の家

プレカットの承認も終わり、年明けの上棟が楽しみです。


今日はクリスマスイブ。お施主様に素敵なクッキーを頂きました❗️このクオリティ本当に凄いですね〜。ありがとうございました‼️






2019年11月11日月曜日

バルセロナ編①

鉄骨の構造が美しいマドリードのアトーチャ駅から新幹線AVEに乗ってバルセロナに向かいます。
天気も良く街歩きが気持ちイイ! 

Casa de Tapas Cañota 
ココのHearty velvet crab soup with riceというパエリアよりも水分が多いリゾットタイプのご飯 絶品すぎます! バルセロナパビリオンやカタルーニャ美術館からも徒歩圏内なのでおすすめです!

カタルーニャ美術館の前からの景色
バルセロナの街が一望できます

ミースのバルセロナパビリオン
まさかの展示会か何かで中に入れず(泣1)
やはりこのプロポーション美しいですね。 

磯崎さんのカイシャフォーラム。バルセロナパビリオンの隣にあります。
この地に依頼されるスターアーキテクトはやはりすごい.

RCRのサン・アントーニにあるジョアン・オリヴェール図書館
リサーチ不足で閉館時間でした(泣2)
公園が併設されているので地域の人たちの憩いの場になっています。 

ミラージェスのサンタ・カテリーナ市場 
夜なのでCLOSED(泣3)
この日は中に入れない事件が勃発しすぎてその分歩いてたくさんの建築を見る事が出来ました。(あくまでもポジティブに)

ホテル近くのタパス屋さんでお腹を満たし明日のガウディでリベンジです。