2018年8月17日金曜日

地鎮祭&建て方

今日は、よつ葉調剤薬局の地鎮祭に出かけてきました。日差しは強いですが、朝は若干風が涼しくなった気がいたします。こちらの建物は、隣のたけなか外科内科クリニックと調和するように小ぶりな建物ですが木の質感が感じるものとなっています。12月完成の予定で進んでいきます。

隣の敷地では、たけなか外科内科こどもクリニックの建て方が始まりました。これから建物のボリュームが現れてくるのが楽しみです。


2018年8月14日火曜日

JIA住宅研究会ベトナムツアー

5月下旬にJIA(日本建築家協会)のベトナムツアーに参加した時の原稿記事がARCHITECTに掲載されました。

2018年7月31日火曜日

名張の家 完了検査

名張の住宅の完了検査へ。

外構のお庭は暑さのほとぼりが冷めてからという事になったので、お盆前のお引渡しとなります。

少し時間がかかりましたが、施工精度も良く上野ハウスさんには良い仕事をしていただいて感謝です。



敷地は角地で西側には谷と山並みの素晴らしい借景があり、周りは住宅に取り囲まれている状況だったので、思い切って街と景色に向かって開くプランにしました。深い庇が掛かったテラスはドッグランにもなります。



借景となる谷の緑とその先の山並みの緑がリビングから見る事ができます。

畳敷きの小上がり。下部は収納になっています。

西陽対策の大庇(夏場は簾を併用する予定)の下はドッグランテラス。手摺の間には犬を放し飼い出来るように強化ガラスを入れていますが、通風を考慮して、縦桟との間にスリットを空けています。

普段忙しくお仕事をされているお施主様には元々この地にあった大らかな景色と谷からの風の流れを感じながら、お家にいる時はのんびりと暮らして欲しいと思っています。

2018年6月23日土曜日

名張へ

今日は名張の住宅の確認へ。
正面の壁は、これから漆喰が塗られるので壁に当たった光の回り込みが綺麗になりそうです。


ロフトからの眺め。小さな畳コーナーは落ち着いた篭れる居場所になりそう。

ロフトのトップライトとハイサイドライトは電動で開閉でき、リビングには無風時でも重力換気で風が流れるようになっています。


ドックランを兼ねたバルコニースペース。

配筋検査&是正確認

6/18に構造のリズムデザインさんとたけなか外科内科こどもクリニックの基礎.地中梁の配筋検査に行ってきました。




鉄筋種、本数、定着長さ、アンカーセットの状況、梁成や幅などをチェック。


6/21型枠設置後のかぶり厚さのチェックです。今回は型枠の脱型をしなくて良いラス型枠と言って金網の型枠を使っています。




ふかし筋へのスペーサーの追加の指示などをして、概ねコンクリート打設の準備が整いました。

2018年6月13日水曜日

OLD NEW 1年点検

古民家改修と新築をお庭で繋いだ住宅の1年点検にお伺いしました。
とても大切に使われていて、両世帯をつなぐアプローチの屋根は今の季節はとても心地の良い場になっていました。また、お庭はお施主さんのお手入れの賜物で苔はしっとりしており木々もとても自然な感じで落ち着いた場になっていました。 古き思い入れのある建物を残し、新しいものとの共存がそこにはあり、この仕事に関われて本当に良かったと思える時間でした。有難うございました!


2018年5月19日土曜日

たけなか外科内科こどもクリニック

名古屋市北区で計画しているクリニックの地鎮祭へ。気を引き締めて皆さんでパチリ(^^)


建物位置の確認です。



クリニックとしてはもちろんですが、その枠を越えて地域のコミュニティの場になってくれれば!