2019年11月9日土曜日

Interaction Forum登壇! マドリッド編②

いよいよ本番当日!
マドリッド工科大学にて「Warm Tranceparency」(暖かい透明性)をテーマに「たけなか外科内科こどもクリニック」で考えたことを発表しました。








慣れない英語でのスピーチでしたが、自分が建築を考えるときに、(決して回顧主義になっているわけではなく)、新しい考え方や技術を取り入れながら地域に愛され、いつしか街の風景となって町の人の誇りとなるような建築を創りたいという願いをもって考えているという事をこのプロジェクトでは「温もりのある透明性」というテーマで話しました。
世界の様々な国の建築家との交流は、
自分の立ち位置を振り返るうえでもとても貴重な経験が出来ました。


0 件のコメント:

コメントを投稿